トップページ
キリスト教保育とは

子ども一人ひとりが
 神によっていのちを与えられたものとして、
 イエス・キリストを通して示される神の愛と恵みのもとで育てられ、
 今の時を喜びと感謝をもって生き、
 そのことによって生涯にわたる生き方の基礎を培い、
 共に生きる社会と世界をつくる自律的な人間として育つために、
保育者が、
 イエス・キリストとの交わりに支えられて共に行う
 意図的、継続的、反省的な働きである。

目 的

全国のキリスト教に基づく幼稚園・保育園・こども園等乳幼児保育施設、養成機関が加盟し活動を 続けております。
乳幼児保育の理論と実践に関する調査研究を行い、保育の質を高めると共に保育関係者の資質向上を図り、乳幼児保育の振興に寄与することを目的としております。

働 き
  1. 乳幼児保育の理論と内容、指導方法の調査研究
  2. キリスト教保育関係者の現職教育
  3. 乳幼児保育者及び園児保護者を育成するための研究会、講演等の開催
歴 史

キリスト教保育は約120年前、アメリカ、カナダ、ドイツなどの
婦人宣教師によって各地で始められました。
そのうちに保育の向上のために組織化され、
1968年に社団法人キリスト教保育連盟として
文部省から認可を受け、2013年に 内閣府から
一般社団法人の許可を受け法人移行をし、
現在に至っております。